債務整理の条件とは ~債務整理が出来る人と出来ない人~

債務整理の条件とは ~債務整理が出来る人と出来ない人~

債務整理の条件とは ~債務整理が出来る人と出来ない人~

貸金業者の行っているカードローンなどを使って、多額の借り入れを行ったときに返済が不可能な状態になってしまったときには、法的な手続きを使って解決することができます。
返済不能な状態になってしまった借金を解決するための手続きを総合して、債務整理という言い方をしています。
債務整理を行うことによって、債務者の状況に応じて返済期間の猶予をしてもらったり、借金額そのものを減額してもらうなどの手続きを行うことが可能になります。
ただし、それぞれの債務整理の手段によって、無条件で行えるものというわけではなくて、方法によって裁判所などの公的機関を利用するものもあって、条件が決められているケースもあります。
債務整理の方法として最も認識されている手続きとしては、自己破産があると言えます。
自己破産をするためにも条件というものがあって、1度自己破産をした人の場合にはその後7年間は手続きができなくなります。
また、借金をしてしまった理由としても、裁判所にしっかりとした免責を許可してもらうための理由が必要になりますので、浪費やギャンブルが原因でできた借金の支払い義務を帳消しすることはできない条件になっています。
借金をするときに債権者を騙したり、財産について隠しているときにおいても手続きをすることはできません。
個人再生は借金を全て免除する手続きではありませんので、残った借金を完済するために一定の収入を継続的に得ておく必要があります。
個人再生をするためには、住宅ローンを除いた借金額が5000万円以下である必要もあります。